「雨水」とお雛様

今日は「雨水」・・・

太陰暦を用いていた頃に季節の節目として用いたのが二十四節気
そして今日2/19は二十四節気の「雨水」です
気温の春のスタートである立春を過ぎて雨水を境に
「徐々に気温が高くなり、
 それに伴い今までは雪が降っていたのが
 降るものが雨に変わる頃、深く積もった雪も融け始める頃」
・・・ということらしいです。
でも今年の会津は1月から例年に無く雨が多かったので
あちこちで積雪もかなり減ってます。
雨水を過ぎての雨は、春の花の開花を促すため大変重要なのです

そして雨水と言えば
3月3日は皆さんご存知の「雛祭り(桃の節句)」ですが、
「お雛様は早く飾って早くしまう!」とされています
古くは
「雨水の日(2/19頃)に飾り、啓蟄の日(3/6頃)にしまう」
とも云われていた様です

現代ではひな祭りは、
女の子の健やかな成長と幸せな結婚を祝うものとされています。
古く平安時代は上巳の節句といわれ、
摘んだ薬草で体のけがれを祓って健康と厄除けを願ったとされ、
また宮中の「ひいな遊び」という人形遊びと融合し、
人形(ひとがた)で体をなでて穢れを祓い
自分の身代わりとして海や川に流す「流し雛」としても広まった様です
やがて江戸時代になって
ひな祭りの行事が庶民の間にも流行し始め、
上流社会で現在のような雛壇の飾りつけが完成したとされてます。

“「雨水」とお雛様” への0件の返信

  1. 雛祭りも奥が深いですね~。
    いろんな言われがあるのですね??
    私はお雛様をなかなか片付けなかったから
    まだまだお嫁に行けません(ノ_・。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 + 8 =