うぃるす記念日

ヘンなsubですみません<(_ _)> 

今年は所謂コンピューターうぃるすが
この世に生まれて20年だそうです。
とうとうと云いますか、無事と申しますか・・・
成人(?)式を迎えてしまいました(`´)/■レツドカード 

私はdos後半からですが初めはNEC98互換機を使っていました。
ので幸い遭遇はしていませんでした。
その後Win3.1〜Win95〜Win98あたりで
Excelマクロウイルスの存在を知りました
その後は電子メールを宿主にする、
1999年メリッサ、2000年ラブレターを経て
ネットワークをターゲットに2003年Blaster、2004年Sasserが出現
特にOS(Windows)の脆弱性を突くものが頻繁に作られ
2005年末にもWMF形式閲覧のセキュリティーホールを突くウィルスが
世間を騒がせたばかりです

コンピューターウィルスと初めに不名誉な認定をされたプログラムは
もともと自分が作ったソフトが不正にコピーされるのを防ぐために
「不正コピー警告」として作成されたそうです。
    (* ゜ω゜)ノn゛ ヘェーヘェーヘェー(* ゜ω゜)ノn゛ ヘェーヘェーヘ
ェー 

それから20年・・・

愉快犯も含めて、現代社会インフラにまで多大な影響を及ぼす
確信犯的犯罪へと変容を遂げてきました )゜0゜( ヒィィ 
そして本物のウィルス同様に耐性菌化して行きます。

Windows95発売以来、あらゆる企業でOA化のもと、
かなりの会社データがコンピューターというものに管理され
各種記憶ディバイスに格納されています

業務連絡もグループウェア・社内メールがとってかわり
効率化や情報共有は比較にならないほど進化したのですが・・・

情報やデータの漏洩も簡単に且つ大量に可能となりました。
私物PCの会社への持込を禁止したり、LANに繋がせなかったり
会社PCからのエクスポート・インポートはPWを厳重にかけたり

 そんな中・・・
   会社のシステム管理者の方>本当にご苦労様です

 ふと・・・

 「紙」に書かれている書物を読んで
 安心できる自分が
 より人間的に最近は感じます

“うぃるす記念日” への0件の返信

  1. 最後の一文、うんうんと頷いてしまいますた。
    新聞も、ネットで読むよりも、紙面を繰っているほうが頭に入る気がするのですよう。
    それにしても。
    ずーっと昔から、ウイルスさんとお付き合いがあったのですね
    (^○^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 3 =