小正月の伝統行事「だんごさし」

会津では小正月(1月15日)の古よりの風習で、多くの各家庭で今でも
伝え行われている正月行事の1つです。

だんごさしは、「みず木(団子の木)」の枝先の新芽を欠いて、そこに
上新粉で練って丸めただんごを刺し、もち米のくだけ米の粉で出来た
鶴亀・宝船・鯛や、米俵、恵比寿様、千両箱・大判小判を飾り付け、
家の大黒柱に飾り付け、豊作や家内安全、一家繁栄、無病息災を祈る
行事です。

特にこちら会津は雪国ですので、花のない季節に、
家の中に満開に花が咲いたように華やかになります。

本来は、本来、旧暦の小正月に行なうものですが、
新暦で行われています。

20日正月までお飾りするところや、その前日に外すところもあり
飾り物の種類と同様、その土地・地方や家庭で異なります。

飾り終わっただんごは、油で揚げて砂糖をまぶして食べたり、
水につけてから団子汁にして食べます

飽食の現代ですが、先人は、農家の方が一生懸命つくられたお米を、
たとえ砕けたお米でも捨てることなく粗末にしない、そして今年の
豊作も祈願する生活の知恵が伺えます

※ミズキは旧暦の小正月頃に枝や枝先の芽が紅くなる木です
※山形などでは「だんごさし」を「まゆ玉」と呼ぶそうです

 「だんごさし風景」(おかりしました<(_ _)>↓)

“小正月の伝統行事「だんごさし」” への0件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 1 =