中秋の名月

昨晩は、関東圏以西では数年ぶりの快晴となり各地で名月を愛でひと時の日本情
緒を楽しまれた方も多かったのではないでしょうか?残念ながらこちらでは夕方
から曇り空で、時折雲の切れ間から、お月様が顔をのぞかせるだけでした(望遠
レンズを付けない普通のデジカメでは下の写真が修正を加えても限界です<(_ _)>)。

日本では旧暦8月15日だけでなく旧暦9月13日にも月見をする風習があり、こちら
は「十三夜」、「後の月」、「栗名月」とも呼ばれ、月見団子の他に栗や枝豆を
お供えするそうです。各地には「十五夜をしたなら、必ず十三夜もしなければい
けない」という言葉が伝えられてるらしく、片方だけの月見を嫌う風習があった
ようです。
ちなみに今年の「後の月」は10月15日です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 + 6 =