鶴ヶ城に「八重たん」登場

本日9月14日(金)より11月4日(日)まで会津のシンボル鶴ヶ城では企画展「守護職拝命150年と新島八重」が開催されます。

幕末に会津藩主松平容保が京都守護職に就任して今年で150年を迎えます。また、2013年大河ドラマ「八重の桜」の主人公である新島八重の生涯も紹介します。


企画展OPENを記念して「八重たん」も登場(@_@)/

2013年1月12日(土)からは「八重の桜」ドラマ館もOPENします。
ドラマ館は撮影で使用した小道具や衣装が展示されたり、映像やパネルでドラマの世界観が味わえる内容となる予定です。

皆様のご来訪をお待ち申し上げます(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 5 =