防火・防災上一定の基準に適合を表示する『適マーク』

こちらは会津若松地方広域市町村圏整備組合消防本部の審査を受け、
平成26年9月1日より原瀧に交付された『適マーク』です!

おそらく『適マーク』をご存知の方は少ないと思いますのでちょっと豆知識。

■『適マーク』とは?■
 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受けて、
 火災被害の拡大防止対策の一環として、平成26年度から「防火対象物に係る表示制度」が始まりました。
 この制度は、ホテル・旅館等からの申請に基づき消防機関が審査し、
 消防法令や建築基準法令に定められた防火・防災上一定の基準に適合している場合に、
 消防機関から交付された表示マークを掲出できるものです

 消防用設備の維持管理が適正に行われ、避難訓練などがしっかりされている一定の規模以上の施設に対し、
 消防本部が発行している表示です。

当館原瀧は無事今年の9月にこの交付をいただきました。

適マークは2種類あり通常の適マーク(銀)と優良状態を3年間継続した施設のみ掲出できる適マーク(金)があります。
お泊りいただきますお客様が安心してお過ごし頂けるよう金色目指して日々努力してまいります(`・ω・´)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 5 =