明日はいよいよ!会津地方の小正月『歳の神』

毎年、1月14日は無病息災を願う伝統の火祭りである『歳の神(さいのかみ)』。
昨年神棚にお飾りしたしめ飾りやお供え物をお焚き上げして歳神様を天にお送りし、今年一年の五穀豊穣、無病息災を願う伝統行事。
この歳の神の火にあたると、病気にならないと言われてます。
会津では『起き上がり小法師』や『風車』などもこの時一緒にお炊き上げします。

無病息災を祈って焚かれたこの神の火。
この熱に触れると、一年間、病気にならないと言われています。
会津の「歳の神」でも、やはりこの神の火で団子が焼かれます。
真っ赤な炎に“団子刺し”をかざし、あるいは“するめ”を炙って頂くと、健やかな一年を送ることができるとのことで、
毎年火を焚き始めて少しすると香ばしい良い匂いが風に乗ってきます。

また会場では出店も何店舗か並びます。

≪ 日時 ≫

日程:1月14日(月)
場所:東山温泉共同駐車場
東山温泉手前。当館より車で5分ほどの距離。

≪ スケジュール ≫

13:00  松飾などの持込開始
     ※~19:00頃まで受付(誰でも持ち込み可能)。
     持ち込みの際は金属類やビニール類は取り除いて持参してください。

18:00  歳の神の神事 (井桁歳の神)
     玉串奉奠

18:20  点火式

18:30  点火

19:00  お年玉大抽選会 (~19:30)

20:30  歳の神 火治め

 

[ お問い合わせ先 ]
東山温泉観光協会
TEL0242-27-7051

原瀧FaceBookはここをクリック!

原瀧インスタはここをクリック!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 + 9 =