会津若松市の初市(十日市「とおかいち」)

毎年1月10日午前10時から午後8時まで立つ、会津の初市は
「十日市」と呼ばれています。
400年以上の伝統を誇る年中行事で会津地方の市(いち)では、
もっとも賑わいます。
起源は至徳元年(1384年)までさかのぼり、葦名直盛が鶴ヶ城
の前身である黒川城を築いたときから始められたも、蒲生氏郷の時
代からとも伝えられています。

どんな雪のときでも続いており、この市が立って会津の松が開ける
といわれ、市内中心部(神明通りを中心)に出店が並び買い求める人
たちで賑わいます。

買い求める縁起物は2つあります。「風車」と「起き上がり小法師
([こぼし]とこちらでは呼びます)」です。

「風車」は、
  何事もよく回るように、仕事やお金まわりがよくなり、まめに
  元気に頑張れるようにという願いを込められています。

「起上り小法師」は、
  蒲生氏郷が、下級藩士の内職として作らせたと言われており、
  小さな張子の重心が底にあり、転んでも起きあがることから名
  づけられた言われてます。
  忍耐強く、七転び八起き・・・転んでもすぐに起きあがれるよ
  うにとの願いが込められています。
  また、必ず家族より1個多く買い、神棚に供えます。
  この1個は、家族や財産が増えるように、また厄をみんな背負
  ってくれるとの意味があります。

  昨年3月に民主党渡部恒三氏が党幹部に配った様子がTVで放
  映されり一躍全国区になった会津の代表的民芸品です (*^,^*)

  また、昨日テレ朝系で放映された「白虎隊」でも酒井峰治が浅
  井小夜子から起上小法師を預かるシーンが流れていました。

さて「十日市の日は荒れ模様」などと、こちら会津では言われてお
ります。

 1967年〜2006年の40年間の1月10日の若松の気象状況で
 荒れる印象を以下で集計しました。

  (1)平均気温0度以下〜24回
  (2)最高気温0度以下〜7回
  (3)最低気温0度以下〜36回
  (4)最大瞬間風速10m/s以上〜22回
  (5)日降雪1cm以上〜24回

  上記の5つの条件が全て揃ったのが過去40年間に5回あります

 年   平均   Max    Min   max   降雪 最深積雪
 1999  -2    -0.8   -3.8   14.4   26   31
 1988  -2.7   -1.5   -3.5   14.3   14   19
 1975  -2.5   -0.4   -3.5   10.6   37   31
 1967  -3.4   -1.3   -5.1   16.2    5   13

 また悪天候の条件を、4つ以上合致で13回(32.5%)
           3つ以上合致で20回(50%)

 3つ以上合致というのは、そもそも会津の冬ですので当然ですネ(^^ゞ
 10年に1度くらいは真冬日で、突風で降雪も多いケースが見受
 けられますが、有意性は見出せず、
 「初市で縁起物を求める人出が多い+穏やかな晴天では無い」場合
 が多く「十日市は荒れる」という「印象」がありそうです。

  本日15時ころの玄関前を切り撮って起上小法師とともに・・・


“会津若松市の初市(十日市「とおかいち」)” への0件の返信

  1. yumeguriさん
    おけましておめでとうございます!
    ついにまとまった雪が降りましたね。。
    そちらは吹雪でしたか?彡(-_-;)彡ヒューヒュー
    ところで…
    平日にひとりで宿泊した場合の
    親密価格についてメールいただければ幸いです。
    非常にずうずうしいお願いですが…

  2. マーモセットさん
    あけましておめでとうございます。なんでもお気軽にメルください。
    取り敢えず、右上のinfo宛てのメルアドあてに「blog担当へFW願うm(_ _)m」とでも入れてお送りくださいませ(^^ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 + 4 =