You Raise Me Up(ユーレイズミーアップ)

あけましておめでとうございます。
皆様に幸多い一年でありますことをご祈念申し上げます。

本年のyumeguriのblogは
     《「You Raise Me Up」を考える》から始めます。

“You raise me up”
直訳すれば「あなたは私を上昇させる」でしょうか?
しかし歌詞は生き物です。行間を読み解かなければなりません。
直訳の「上げる」または「育てる」ではなく、
『あなたは手助けをする・育てる』という文意から『私は励まされる』
という解釈がこの曲本来のメッセージ性が生かされる感じがします。

そして
   I am strong, when I am on your shoulders
     あなたに支えられ私は強なる

   You raise me up… to more than I can be.
     あなたに励まされ自分自身を超えられる

周知の通りフィギュアスケートの荒川静香選手が2005年エキシビジョン
の音楽として採用したことで有名になったのが『You Raise Me Up』。
この曲は「アイルランド出身」のCeltic Womanのヴァージョンです。
1月6日・7日のテレ朝系「白虎隊」でも同曲がエンディングテーマで
用いられます。

1994年にデビューした、ノルウェーの作曲家ラルフ・ラヴランドと
アイルランド出身のヴァイオリニスト、フィンヌーラ・シェリーによる
ユニット「シークレットガーデン」が4枚目のオリジナル・アルバム
「レッド・ムーン」に収録したYou raise me upがオリジナルです
(2002.03.21 日本でリリース)。

シークレットガーデンのオフィシャルページを見ると実に数々のアーテ
ィストがカバーしてるようです。http://www.secretgarden.no/

 SELAH 、Josh Groban 、 IL DIVO 、 WESTLIFE 、
 そしてCELTIC WOMAN ほか多数

 こういう時に役立つのが「YouTube大先生」です( ̄ー ̄) ニヤッ♪
 男性Vo版も聴き比べると別な趣が味わえます

  Selah-You Raise me Up

  Josh Groban – You raise me up

  IL DIVO – You raise me up

  Westlife – You Raise Me Up

 secretgarden – You Raise Me Up 見つからず orz

この曲の誕生について「Secret Garden」のオフィシャルサイトに、
次のような記述がありました。和訳ソフトで変換してyumeguriが更に
意訳アレンジしました。
大意は外してないと思いますのでご了承ください。
******************************************************************
はじめ、有名なアイルランド民謡の断片をメロディーに織り込んで、
メロディラインはスローテンポなアリアとして誕生したのでした。
何かが足りずに歌詞を加えることにしたのです。
私たち、Secret Gardenに強く影響を与えたアイルランドの飢饉につい
ての著書”The Whitest Flower” と”The Element of Fire”をもつアイ
ルランドの著者 Brendanグラハムに頼みました。
彼はメロディーラインを聞くなり「物語が聞こえてくる」と言い、
その晩、You raise me upの歌詞の第一稿を仕上げてくれました。
ブライアン・ケネディーとトレイシー・キャンベル・ネイションの感情
のこもった歌声は、ロンドン・コミュニティー・ゴスペル聖歌隊とアイ
ルランドのコーラスグループ「アヌナ」とともに、この歌詞の、深く精
神的な切望を完全に表現しています。
*****************************************************************

さて、
アイルランド民謡「Londonderry Air」は、メロディーの美しさから、
これまで数多くの異なる歌詞がつけられており、その中の一つが有名な
「Danny Boy(ダニーボーイ)」です。
「You raise me up」のサビメロの部分が「Danny Boy」にそっくりなど
と評されることがありますが、上述のライナーノーツを見れば尤もなこ
とです。

   Danny Boy ダニーボーイ
   戦争に赴く息子を思う親の気持ちを切なく歌い上げるアイ
   ルランドの名曲。
   アイルランド民謡「Londonderry Air」のメロディーに、
   Frederic Edward Weatherly(フレデリック・エドワード・
   ウェザリ/1848-1929)という法律家兼ソングライターが歌詞
   をつけたもの

CELTIC WOMANの「You raise me up」の歌詞はオリジナル歌詞から

  There is no life – no life without its hunger
  Each restless heart beats so imperfectly
  But when you come and I am filled with wonder,
  Sometimes, I think I glimpse eternity.

という歌詞が削られています(Selahの上述PV版にはあります)。
この4行に如何ほどの真実がこめられていることか・・・・

  I am strong, when I am on your shoulders.
  You raise me up… to more than I can be.

・・・という歌詞とメロディラインの美しさから
時としてLove Songにも受け取られがちです。

でも削除されている4行の歌詞を戻して謎解きのように全体を吟味する
と、歌詞の根底にあるものはケルト(アイルランド)民族の歴史、アイデ
ンテティ、民族の音楽に込められた静かな響きの奥底に、
「限りない深い哀しみと精神的な訴え」を感じるのは私だけでしょうか。

白虎隊のエンディングテーマに
   「You raise me up」が流れる時にこんな事を
         「ふっ」と思い出していただければ・・・・・

 2007年1月1日の朝の陽を背に浴びる磐梯山

“You Raise Me Up(ユーレイズミーアップ)” への0件の返信

  1. 素敵なお話ですね!
    白虎隊をみてこの曲を聴いたとき
    心から感動しましたし、白虎隊の曲として
    ふさわしいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

8 + 1 =