blogという情報チャネル

時々ご紹介していますが、ご利用いただいたお客様がご自身のblog内で
ご紹介してくださってますので「勝手に(^^ゞ」ご案内しますネ

るるぷぅAizu
(会津若松市に住む奥様の「旅とグルメ」のblog)

sub:会津東山温泉「原瀧」で日帰り入浴
 http://ruruaizu.blog61.fc2.com/blog-entry-729.html

 びゅう(JR東日本)とじゃらんのコラボ特典をご利用で
 立寄入浴のご感想をご紹介してくださってます

Cozy time
(み〜ちゃんさんのblog)
sub:のんびり川床
 http://blog.so-net.ne.jp/cozy-time/2006-08-27

 川床のご感想を詳しくご紹介してくださってます

今回は以上2件
 (urlは直リンしてないですのでコピペ下さい<(_ _)>)

以前にも書いたと思いますが、実は、ご利用された方の個人blogを
探すのは至難の事なのです(^^;

インターネットで調べることが「苦にならない」、「当たり前」、
そして、ネットで満足するまで「調べる」ことが増えてることは事
実で、今後もその潮流は続くし加速するでしょうし、これは世代で
認識の差異は無いようです。

私たちサービス業・旅館業は、お客様へ「無形の価値」を提供して
いるわけですから至極尤もな話です。

サーチエンジンで検索し、blogで実際に泊った人の体験談を読み、
トラックバックしあって情報は拡大共有される時代です。

お客様のおかれている環境は、10年前とは隔世の感が有ります。
今や旅行代理店に足を運ばなければ「旅館」「観光」情報を入手で
きない時代では無いです。旅行代理店の知らない「旬の情報」「事
実」「評価」が、自宅にいながら好きな時にネット上で得られる時
代ですネ。

私共のHP(各種)も今後益々「事実(のイメージ)の訴求」に傾注す
る必要があると考えています。

  ・・・・って今日はやけに硬いなぁ〜 (^^;;;;;;

“blogという情報チャネル” への0件の返信

  1. はじめまして。
    私のブログを記事中で紹介して頂きまして、
    ありがとうございます。
    日帰り入浴とはいえ、貸切状態でお風呂を利用でき
    とても ゆったりのんびりと温泉を堪能致しました。
    > 実は、ご利用された方の個人blogを
    > 探すのは至難の事なのです(^^;
    確かに、溢れる個人blogの山から探すのは大変ですよね~
    利用客が、素直な感想をまとめた記事がどのような内容か
    宿側としては当然気になることでしょう。
    私自身も旅先の宿を選ぶ時などは、ネットでの口コミを
    大いに参考にしてます。そして、今やそのほとんどがブログ
    という形で発信されています。
    全ての体験談を探しあてるのは、無理があるでしょうから
    「原瀧での体験談記事」をまとめるTBコーナーを設けてみるのも
    一つの手段かもしれません。こちらのホームページを見て利用
    された方が、もしかしたら帰宅後にTBを送ってくれるかもしれませんね。
    (中には、苦情もあるかもしれませんが・・)
    利用者も多くの体験談を検索する手間なく、閲覧できて
    便利だと思います。じゃらんnetのように。
    長文(生意気文)、失礼しました。

  2. るるぷぅさん
    ご意見ありがとうございます
    ネット社会は、訴求性の魅力はありますが様々な意味を込めて「恐い」
    (゚д゚) マジ?という認識も持っております。
    1泊2食の商品写真を漫然と掲示するHPに魅力を感じないですし、別
    なアプローチがある筈とblogを始めました。10年一昔のように成功事
    例を持ち出すアプローチ手法ではお客様への訴求力は既に限界です。
    ただ個人のblogなら「流して」もらえる表現も、企業という冠を背負っ
    ている以上かなりの制限を受けることも事実です(^^;
    2chにはじまり、ミクシ等のSNSの広がりは、もう一つのネット社
    会を形成することになるでしょう。
    >(中には、苦情もあるかもしれませんが・・)
    私たちサービス業に従事するものにとりまして、この本音が本当は聞き
    たいです。
    物販のネットショッピングと異なり、「無形の付加価値」がお売りでき
    る商品だからです。
    これからも宜しくお願いいたします (^-^)/~ マタネッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

1 + 2 =